Dec.11 2012

適材適所

 1211.jpgこんにちは。TAKAです。

我が家の悩みは洗面所が狭いことです。

その為、リビングの片隅にタオルなどを仕舞う

収納家具を使っています。

でも本当は洗面所にタオルや洗面用具をしまいたいんです。

 

みなさんも使う場所で使うものを収納できる

『適材適所』が理想という方が多いのではないでしょうか。

 

こちらはモデルハウスの洗面です。

メーカーはパナソニックさんです。

これだけ洗面そのものに収納が備えられていたら、

家族みんなのものが収納出来そうですね。

 

テレビでは紹介されていませんでしたが、

こういった設備の機能性も

モデルハウスの魅力の一つだと思いました。

Dec.06 2012

1206-2.jpg こんにちは。TAKAです。

今日はモデルハウスの収納レポート第2弾をお届けします。

こちらの空間何だかわかりますか?

玄関横に設けたシューズクローゼットです。

光も入って明るく、木目のクロスが温かい感じがしますね。

ateliergreenLimeの手がける家は、

設計段階から企画してモデルハウスのコーディネートまで行っています。

玄関にシューズクローゼットを計画したり、そこに光を取り入れたりと、

豊かな暮らしを想像しながらプランニングされて形になっていきます。

まさに暮らしが見えるまでの提案ですね。

 

マンション暮らしの私がモデルハウスを見に行くと

たっぷり収納に玄関からテンションが上がりますよ。

見に来られたお客さんもきっと同じだと思います。

1206.jpg 

そしてお馴染みvert de grisさんのランチに行って参りました。

うどんとホタテと里芋が入った柚子こしょう風味のグラタンです。

あつあつホクホクでピリリと柚子こしょうが効いた絶品の味です。

久々に食べ物ネタも書いてみました。

 

 

 

(TAKA)

 先日からご紹介しておりましたモデルハウスの写真を撮りに行くことが出来ました。

少しずつその魅力をレポートします。

1204.jpg

このぬいぐるみがおどけているところは収納の中です。

この収納、少し変わっています。

床に面した足元までの高さの低い収納です。

実はこれ、床の高低差を利用してスペースを有効活用したアイデアなんです。

場所はベッドルームと2階ホールにあります。

 

私だったらどう使うかな?と考えてみました。

ベッドサイドにある収納には、

ブランケットや読みかけの本などを

かごに入れてすぐ取り出せるようにしておくのもいいなと思いました。

 

モデルハウスの中はこういうアイデアが散りばめられていて、

奥様にはうれしい仕掛けがいっぱいですよ。

(TAKA)

 1130.jpg今日で11月も終わり今年も残すことあと1ヶ月ですね。

 

私事ですが、先日京都へ紅葉を見に行ってきました。

そこで見た色とりどりの木々の美しさに感動!

そしてまたまたJAPANTEX2012での出来事を思い出しました。

  

 


こちらはフジエテキスタイルさんの展示ブースです。

1129-1.jpg

この温かみのあるカラースキームは

紅葉の色味と似ていたんだと改めて思いました。

 

デザインの世界では自然をもとにしたカラーやデザインが

意外と多いと耳にします。

 

そんな目線でインテリアを探してみても面白いですね。

 

 

そして明日はいよいよモデルハウスのテレビ公開です。

住みたくなるような素敵な家ですよ。

 

 

(TAKA)

 

 

 

 

 

 

今日は先日のKOZマジックがかかったモデルハウスについて少しご紹介します。

こちらの 小物たち。

すっかりクリスマスが待ち遠しいみたいですね!

1122-2.jpg

この小物たちの配色が今回のモデルハウスのテーマカラーなのです。

ブルーの家具に赤いチェックのカーテンが映える洋書のようなお部屋。

そこに赤やブルーのクッションや小物をリンクさせて部屋を完成させていく。

インテリアの勉強をするまではそういったカラーの仕掛けを知りませんでした。

なぜ素敵なんだろう?

そこには設計での工夫と、計算された配色など沢山の仕掛けがありました。

モデルハウスの計画中はKOZさんは右脳も左脳もフル回転です!

そしてTAKAは今その仕掛けを少づつ勉強させてもらっています。

飾り付けのお仕事は体力勝負ですが、

何よりも一番に完成したモデルを見れるのが楽しみなんです♪

 

また少しずつ写真でご報告します。

(TAKA)

 

 

 

 

Nov.20 2012

KOZマジック

 1120.jpgこんにちは。TAKAです。

先日2日間に渡って作業した、モデルハウスのコーディネートが

完了しました。

この荷物。

車の荷台へ山積みにして2台分です。

沢山の荷物が置いてあるこちらの奥のお部屋は

もともと和室として利用可能なお部屋です。

ですが・・・

このあとKOZマジックがかかったら本当に本当に大変身しますよ!

そこはもう夢の世界です。

後日完成後の素敵なお部屋をご紹介します。

お楽しみに!

 

今はあまり使われなくなっています、カーペット。
次のモデルハウスで使います。

ちょっと冒険のカラーコーディネートは、秘密の小部屋に。
お楽しみに♪


10.18.jpg

 9.14(2).jpg昨日セッティングしたモデルルームでの出来事です。


フレームに入れるポストカードを探していました。

そこでFUJI姉さんが一言。

『洋書のページの素敵な所を切り取って飾ってね』

 

なるほど!

雑誌もカードの代わりになるんですね。

私も家でさっそくやってみようと思いました。

 

本当にプロの仕事は、アイデアと工夫が満載です。

今日はその一つをご紹介しました。

(TAKA)

 

 

 

 

9.14.jpgこちらの3枚の写真は昨日のモデルルームの写真です。

 

①初めは何もないお部屋。

      ↓

②次に家具を置いた状態。(KOZ姉さんカメラマン化)   

      ↓ 

③最後に飾り付け完了。

 

飾り付けをすることで、こんなにも変化するんですね!

 

見に来られたお客さんが、

より快適な生活をイメージして、

マイホームの夢を抱くためには欠かせない空間です。

 

日本で初めてモデルルームの仕事をしたのは

町田ひろ子ンテリアコーディネーターアカデミーの町田校長だと

お伺いしました。

 

今ではモデルルームは当たり前の世の中ですが、

最初に取り入れた町田校長はすごいなと思いました。

 

 

(TAKA)

 

 11.jpgいつもKOZ姉さんが描いているパースには

驚きのマジックが隠されていました。

 

それは実際に出来上がった空間と全く同じだったのです。

 

今回のモデルハウス。

どんな部屋も『パースと同じや!!』と興奮してしまいました。

 

イメージを固めて、それに向かって仕上げていく工程を

傍で見れて感動です。

 

次はどんなイメージかいつも楽しみになります。

 

 

(TAKA)